毒の処刑と荊の日々
毒と皮肉がなければ生きていけないダンスパフォーマーです。音楽好きです。スポーツは嫌いですがフィットネスは好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朗読劇「羅生門」を上演します
昨年何度か競演した、女装バレエダンサーのKYOUSUKE氏主宰・噴水キャバレエ(バレエ薔薇色の夢)の衣装展があります。再びお誘いをいただきました。その衣装展の最終日のダンスライブにて競演いたします。

バレエ衣装展といっても、ただのバレエ衣装展ではありません。KYOUSUKE氏を知っている方ならおわかりだと思いますが、毎回の公演で披露されている
豪華絢爛、巨大なカエル頭からキラキラ輝くタイの寺院まで、まるで歩くミラーボールのような衣装の展示です。

わたくしも、実はキラキラが好きでキラキラした踊りが好きでダンスを始めたのに何故か路線が違っていますね・・・・


栄華を極めた都が衰微していく様が集約されたような荒れ果てた羅生門。その羅生門にうち捨てられた死体を漁る老婆と雨宿りに来た男との息も詰まるようなやり取り・・・日暮れ時の古民家の中でお送りする朗読劇をお楽しみ下さいませ。
■■朗読劇「羅生門」芥川龍之介作■■

出演:KYOUSUKE(朗読)、フレディ・ダミノジド(婆役)

○9月15日(木)展示最終日 18時半開場~19時開演(17時よりライブ開場設営のために展示会場へは入れません。)
○前売りチケット¥2,400(シンハービール・電気ブランなどのワンドリンクと噴水キャバレエオリジナルポストカード付、ソフトドリンクの方¥2,300)

前半は朗読劇「羅生門」、後半は怪しい?ダンス・ショーになります。

○場所はJR阿佐ヶ谷駅を降りてパールセンターに入り程なく、かまぼこ屋の小道を左手に折れた所にあるアジアン食堂「ワラビヤ」です。「ワラビヤ」は大正時代からある建物で、阿佐ヶ谷の古民家が立ち並ぶ一角の中でも一際、面白い雰囲気です。
 
*噴水キャバレエ衣装展*は・・・・・
○会期 9月1日~15日の二週間(1日は19時~21時のみ展示、15日はライブ終演後、撤収作業をしておりますのでご了承下さいませ。)
○場所 ワラビヤ 杉並区阿佐ヶ谷南1-47-7 
○時間 11:30~21:00(金、土は22:00まで)水曜日定休日
○料金 無料(ポストカードの物販にぜひともご協力下さいませ。)
衣装展に是非とも足をお運びください。

朗読劇のご予約も受け付けています。rottenfujiyama@yahoo.co.jp


64522158_117.jpg
スポンサーサイト
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。