毒の処刑と荊の日々
毒と皮肉がなければ生きていけないダンスパフォーマーです。音楽好きです。スポーツは嫌いですがフィットネスは好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超短編小説 「ジュスティーノジュスティーノ」
(おじさんの少年時代)

「わたしの裸体を見て興奮しているんだろ?」
会ったばかりの年上の男は言った。年上と言っても自分の父親と変わらない年齢だ。
そういえばさっきまでの会話の中に、彼にも息子が居るという話があった気がするが
無理をして飲んだアルコールのせいで記憶が曖昧になっていた。そのさなかだ、年上の男が裸になって目の前にいた。事実、僕は彼を欲していた。僕も彼に抱きしめてほしかった。

僕は無言で彼に抱きつき、口づけした。そうしながら、彼は僕のシャツをむしりとるように脱がせ、僕の白い胸をなめ回しはじめた。
彼の舌がわたしの腹から胸を這い回っていた。正直、くすぐったかった。わたしは声を出して笑った。すると男がすぐさま声を塞ぐかのように大きく口をあけて、わたしの口に重ねてきた。
そして今度はわたしの口の中で男の舌が暴れている。声は出ないが息は漏れた。感覚が変わってきたのを感じた。何故かこの男を愛おしいと感じてきて、長い間会っていない父親の事を思いだしたがそんな事はどうでも良かった。暴れていた舌はわたしの口から出て再び胸から腹へ移動した。舌が止まった。
「いい顔をしているな」男が言った。え?わたしは息荒く聞き返した。
「名前はジュスティーノジュスティーノだ」
と言い、わたしのパンタロンを下着ごと一気に脱がした。ジュスティーノジュスティーノ。父親の名前も同じなのだ。
わたしは恥ずかしくなった。

わたしの脱がされた下着とパンタロンはまだ右足首にひっかかったままだ。脱いでしまおうと、起き上がったが、男に抑えつけられた。しかもわたしの肢まで開いたままだ。
男の顔を見た。
幼少の時、実の家に泊まっていた毛深い青年を思いだした。しかし目の前にいる男は毛深いが鍛えられた身体をしていた。身長もかなりある。そして何度も言うが、父親と変わらない年齢なのだ。男は抑えつけていた手を離した。わたしの下半身は恥ずかしい事になっていた。
「恥ずかしい事なんかあるもんかね。しかし君は体毛はあまりまだないね」
もっと恥ずかくなるすきも与えず、男はわたしの腿から下腹部にかけかぶりつくように舐めまわし、わたしの体毛のない下半身にもかぶりつき口と舌で暴れまわった。
ふと頭をよぎった。もしかして、わたしの美しい友人が付き合っていたのはこういう男ではなかったのか?
美しい友人を殺して逃げたのはこういう中年男ではなかったのか?…
もしかして、美しい友人も、このような戯れをしたいがために、秘密で寮をぬけだしていたのか?

わたしは気持ちよさよりも、強烈な怒りがこみ上げてきた。

2011年作

スポンサーサイト
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。