毒の処刑と荊の日々
毒と皮肉がなければ生きていけないダンスパフォーマーです。音楽好きです。スポーツは嫌いですがフィットネスは好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創作衆道話 「おでん屋」 2
その夜は寒い夜でしたが何か別の寒さを感じた新衛門は勘定を済ませ、おでん屋を後にしました。
ああ、いやな話聞いちまったなあ、幽霊はともかくあの若旦那とんでもねえやつだなあ、と思いながらも、ちょっと幽霊が怖い新衛門は早く四丁目の角を過ぎようと足を速めました。
そしてその、四丁目の角にさしかかった時でした。 ビョウ! と生温かい風が吹き新衛門の身体を取り囲みました。

「宗三郎さま~・・・・・・・・・」 

と声が聞こえてきました。
ギャア!出たア! 驚いた新衛門はおでん屋に戻ろうとものすごい速さで走りました。そして勢いよくおでん屋の戸を開けました。
「で、でたあ、でたよ大将、聞いちまったよう」
そこはさっきまで商いをしていたとは思えないぐらい、廃れた、真っ暗なおでん屋になっていました。
「大将、もう帰ったのかい、まだ居るんだろう出てきてくれよ~」
すると暗闇の中から誰かが現れました。「ああ、大将やっぱり居たんじゃねえかあ」 その現れた旦那はズシリと新衛門に倒れかかってきました。 「大将どうしたんだよ」 それは真っ黒な血でドロドロになった大将か誰かわからない人物でした。
「ギャア、また出たア」
再び新衛門は走りました。もう何がなんだかわからない状態でした。 「ああもう、勘弁してくれよう」
そういった瞬間、 ザ――――!! と大量の木の葉はかぶさってきました。 ギャーー―!!
新衛門はまた叫び声を上げて尻もちをつきました。
大量の木の葉にまみれ ポカン と口をあけて震えている新衛門の前に一匹の狸が座っていました。

「この狸殺しめ」 

狸が言いました。何で狸が・・・・・・? すっかり酔いも醒めていた新衛門は思い出しました。そういえば数日前、
隣町からの帰り道、酔った勢いで捕まえた狸を川に放りこんでしまったのです。
新衛門は、もしかしてあの時の、、、と思いだし 「す、すまねえ~許してくれえ~」 と泣きながら言いました。
すると狸は
「すまんではすまされない。あなたが遊びで川に放りこんだ狸は私の子供だったのだ。あの子は寒さで震え凍え死んでしまった、この恨み、どうしてくれる」
「悪かった、なんでもするよ、何でもするから許してくれ~」
「本当になんでもするのだな」 狸は言いました。
「ああ、ああ、何でもするから許してくれえ」
するとまた ビョウ! と風が吹き、新衛門は気を失ってしまいました。

3に続く
創作衆道話 「おでん屋」 1
昔昔あるところに、新衛門という男がおりました。
酒飲みのこの男は、毎晩行きつけのおでん屋で一杯飲むのが常でした。

「いらっしゃい、いや~今夜は冷えますね」
「いや~ほんとに冷える冷える、大将、今日も熱いの一杯お願い」
「あいよ。だんな、おでんは何にしましょう?」
「大根とこんにゃく、あとはんぺんもね」
「あ~すいませんねえ。はんぺん切らしちゃってるんですよ。すいませんね」
「ああじゃあいいよ。何か適当にみつくろって」
とまあ、こんな風に毎晩毎晩飽きもせずにおでん屋の主人と会話を交わすのが楽しみな新衛門でありました。
ところが、この夜のおでん屋の主人はいつもと違う感じがしました。
何といういつもおおらかさが欠けておりました。
いつものように、一杯のつもりの熱燗が五杯目にさしかかろうとした時でした。
主人は低い声で話かけてきました。

「だんな、知ってますかい?」
「知ってるって、何を?」
「あの四丁目の角の呉服屋・・・・・」
「ああ、知ってるよ。あの店の若旦那、街の若い娘に評判だもんなあ」
「違いますよ。あの呉服屋、、、出るんですよ」
「出るって、何が?」
「これですよ」
おでん屋の主人は両手を胸のあたりでだらんと下に垂らした。
「これ?これって何だよ」
「幽霊ですよ」
「幽霊?!なんでまた呉服屋に?」
「あの若旦那、娘好きは表の顔で、実は衆道の気があって何でも隣町の陰間茶屋に通っては、若い男を買いあさってるって話なんですよ」
「へえ、おどろいた。あの若旦那がねえ」
「それで、あの店に丁稚奉公に来てた男の子に手を出しちまってたんですよ」
「丁稚奉公の男の子がいたのか。見たことねえけどなあ」
「それもそのはず、その子は来たばかりの時に若旦那に手をだされて、そのあと自害してしまったんですよ。なんでも男の子はマジに若旦那に惚れてたらしいんですが、若旦那のやつ男の子を無視して娘達と遊びまくってたらしくてね」
「気の毒に・・・・」

新衛門はふと自分の幼少時代を思い出した。隣の家のお兄さんが夏場になると、褌一枚で畑を耕していたのを。
汗と太陽の光で黒々とギラギラしていた隣のお兄さんの畑仕事の姿・・・・・
「一度でいいからあのお兄さんの、褌になってみたい。お兄さんを包んでみたい」
目をキラキラさせてそう強く思い続けて果たせなかった幼少時の淡い思い出を、酔いにまかせてうすらうすと思いだした。

「だんな、どうかしたんですかい?」
「あ、ああ、大丈夫だとも。で、幽霊と何の関係があるんだい」
「幽霊はその男の子の幽霊なんですよ。なんでも丑三つ時になると出てきて、宗三郎さま~宗三郎さま~って若旦那を呼ぶ声が聞こえてくるって話でさあ」
「いやだねえ。やめてくれよ、帰りに呉服屋の前を通るのだから驚かさないでくれよ」
「威してなんていませんよ、本当の話ですから。旦那にも言っておいたほうがいいと思いましてね」
おでん屋の主人はニヤニヤと笑いながら言いました。


続く
ブログタイトル変えました
どれだけ放置していたか、このブログ。
再び広告だらけになっていました。
タイトルは「徒然なるTARENAGASHI」
から 
「毒の処刑と荊の日々」 
にしました。

毒があるかも荊かもよくわかりませんが、単なるタイトルです。
真面目な話は苦手なので、また後で・・・・・・・・・
今週末14日(土)は六本木にて「歓楽通り。」に出演いたします
hae.jpg

今回も出演させていただきます。出演者総勢21組!今回は、バーレスクの方が多いようです。
わたくしは、ダンス+自作ヴァンパイア昔話を、若干アドリブしながら語らせていただきます。よろしくお願いいたします。
出演時間などは後ほど。。。
観にきていただけたら無茶苦茶嬉しいです。

画像はわたくしの守り神、糞蠅 です。


【歓楽通り。】
日時…2013年9月14日(土)17時~23時
場所…六本木バニラムード 港区西麻布1-3-6ア ゼリアビル1階
料金…2000円(ドリンク別)

出演…Violet Eva(バーレスク)、フレディ ダミザイド(パフォーマンス)、七雪ニコ(スト リップショウ)、アイハラミホ。(パフォーマ ンス)、赤江かふお(ライブペイント)、 Jon(犬)、長井江里奈(パフォーマンス)、 lady n@n@(バーレスク)、Shera(ファイ アーベリーダンス)、SHIZU(バリアージ)、 ザ・ショッキング(パフォーマンス)、Gilbert de Moccos(バーレスク)、赤松ハルカ (唄)、M・Tトランスミッションズ(パ フォーマンス)、無花果姉妹(バーレスク)、 Marion Tigre(バーレスク)、からあげ先輩 (緊縛教室)、アヤナミレイ(仮称)

オリジナルジュエリー…まりスティーヌ。
人形…YU奇

DJ…エピックのぶ(東京サーカス)、たかだ たたみ

案内…日比野裕之

vampire昔話 お吸い者
私の名前は、クレドル・シモネット・キンタマーニ、イタリア生まれのヴァンパイアだ。
言っておくが、ルーマニアのウラド三世よりも何百年も先に生まれたのが私だ。世の者達は、ヴァンパイアといえば、ウラド三世、ウラド三世と言えばドラキュラ伯爵などと言うが、あんな野蛮な人間と一緒にしないでいただきたい。私は、あんな、大勢の生きたままの人間を串刺しにして喜ぶような人間、いや、ヴァンパイアではない。
私が、好むのは美しい若者、とりわけ美しい少年がが好きなのだ。そう、男の味も女の味も真ん中の味も知らない汚れなき美少年でなければだめなのだ。私は美少年を求めて世界中をさまよっていた。
ある噂を友人から聞いた。東の東の国にある黄金のジパングというとてつもなく煌びやかな国があるというのだ。友人ポロポロマルコムは世界中を旅している人間だった。
驚く事を聞いた。その極東の煌びやかなな国では、人間も男達は生まれながらにして、股間に黄金を持っているというのである。私は非常に驚いた。そんな人間は見た事がなかった私は、絶対その国に行きたいと思った。
さすが、さすがだ。さすが黄金の国ジパングだ。
ジパングの人達は生まれながらにして煌びやかなのだ。私は考えた。だとしたら、ジパングには美少年がいっぱいなのではないかと!!・・・・・・
欲望にかられた私は、なにもかも投げ出してジパングを目指した。

荒れ狂う波と大量な時間にもまれながら、青白い顔をした私は、わけがわからなくなりながらも黄金の国にたどり着いた。夜になるのを待って、街をさまようことにした、が、夜になっても全く暗くならない。むしろ曇りの日の昼間よりも明るいくらいだ。そこには、酒をのんで酔ったと思われる男達が、大声で喋りながら歩いていた。
私は血に飢えていたので、目玉が飛び出るくらい血眼になって美少年を捜した。
だが、いない、いないのである。時折、美少年に見えると思ったら少女だったり、もうこの際、少女でもいいと思ったら股間の黄金の付いている中年男だったりで、全く見つからない日々が続いた。
そんなある日、男が声をかけてきた。
「あんた、困るんだよねえ。こんなとこで商売されると。」
「商売?商売って何だ。私はね、美少年を捜しているんだよ!」
「美少年?あんた、こんな時間に子供が歩いてるわけねえだろ。とっとと帰りな」
男はほくそ笑みながら言った。
「私はイタリアから来たんだ」
「あんたさ、こんなブラックカード見せびらかして、あんたどっかのお偉いさんなんだろ?え?どっかの会長かなんかなんだろ?え?こんなもんで美少年つろうなんて、ド変態で気の毒なオッサンだな」
・・・・・・私は、こんな無礼な男の股間にも黄金がついているなんて信じたくもなかった。
「じゃあいい、紹介してやるよ。付いてきな」
無礼なのが癪にさわるが、私は男についていった。
「俺の息子だ。好きなだけ吸いな」
何故私がヴァンパイアだとわかったのか、謎だったが、飢えていたので遠慮なく吸わせてもらうことにした。
カーテンを開けると、そこのはキラキラ輝く美少年がいた。
あの親からこの子が?などと考える間もなく、わたしは襲いかかって押し倒した。
「きゃあ」
美少年は声を上げた。
「逃げるなよ。痛くしないからこっちへおいで!」私は興奮していた。牙もいつもより長く強靭になっていた。
「いやだいやだおじさんやめて」
私は自分を抑えきれなかった。
「おじさん聞いて。もっときもちよくなれて血も飲める方法があるんだ、ねえ聞いてよ」
「ななな何だ、その方法って!」
私は少年の幼い舌に吸いつき牙をたてようとしながら悶えていた。もう爆発寸前だ。
「は、早くしてくれ!」
私は美少年をせかした。「わかったすぐだよ。もうすぐだから」
美少年は傍らにあるボタンを押した。
ゴゴゴゴゴガジャーーーー

私は再び悶えた。
天井から何千本ものおおきな針が一面に付いた寝台が、わたしの背後からまっさかさまに落ちてきたのだ。それがうつ伏せた私の全身、頭から足の裏までの細かく突き刺さっていた。いくら不死身の体と言え、全身を貫かれてはどうにもならなかった。私は針と針の間からかすかに見える美少年を見た。
「おじさん言ったでしょ。こうすれば一気に天国に行けるんだ」
美少年は泣いていた。隣には父親が見えた。
「この国では吸血鬼の血は薬として高く売れるのさ。ほら、窓から見えるだろ、血液薬局の看板が。わざわざ遠くから来てくれてありがとよ。それと、ブラックカードもありがたくいただいておくぜ。シニョール・キンタマーニ」

私は意識が離れていきながら、気がついた。
これは、ルーマニアのウラド三世を、ドラキュラ伯爵を、小馬鹿にした罰なのだと。
そして、何百年を経た私の濃厚な血液は、寝台の下にあるタンクへと、一滴一滴集められてゆくのであった。

おしまい
創作昔話 「鬼」
昔昔あるところに鬼の親子がいました。父親は人間の年齢にしてみれば300歳、息子はだいたい100歳ぐらいでしたが、姿形は何ら人間とかわりなく、老いさらばえる事のない鬼でした。
父親には、頭のてっぺんから突き出ている立派な角がありました。息子にはまだ角はありませんでした。息子は自分にもあの角が生えてくるのかと思うと毎日が嫌で嫌で仕方ありませんでした。毎日に頭のてっぺんを触ってみては、まだ出ていない、出ていない、と確かめる日々が続いていました。
息子はなかなかの美男子でした。夜中に茶屋街をふらふら歩いていると知らないじいさんに声をかけられるのはしょっちゅうでした。
「兄ちゃん、ええ男やな。わしと遊ばんかい。」
息子はむさ苦しいじいさんとは遊ぶ気になれなかったので、一瞬だけ鬼特有の恐ろしい顔をして威かしました。すると
「ぎゃあ」
と言ってじいさんは逃げて行くのが常でした。
人間に見えると言っても実際は鬼でした。常々は山で狩った鹿やタヌキ、熊などを食うのですが、時々人間も食いました。
そんな時、鬼仲間から噂を聞きました。絶世の美少年を食えば、角が生えなくなるというのです。が、困りました。近くの村にいる少年たちは、膨れあんまんやら、顔に付いた青っぱなが乾いて顔が干からびている子やら、豚が転けて柱で頭を打ったような子供ばかりです。
ですが、息子はあきらめる事ができません。そのぐらい角が生えるのが嫌だったのです。父親に書き置きをして美少年を探しに行こうかどうしようか、考えていたそんな時です。
西の都会から、親子が、近くの村に越してきたのです。


噂はまたたく間に広まりました。なにせ、へんぴな村に都会から来たのです。早速息子も村に降りて確かめに行きました。そこには、いたのです、美少年が!
色白で髭も生えていない、お城で殿様のお小姓でもしていそうなそんな子でした。
「食いたい」
鬼の息子に猛烈な欲望が生まれました。来る日も来る日も村に降りては美少年を食う瞬間を狙っていました。幸い、美少年を狙っているのは息子だけでした。他の鬼仲間はすっかり角が生えてしまっていて後の祭りだったからです。
瞬間が来ました。美少年が一人、畑仕事をしていました。君のお父さんお母さんは?などと考えながら息子は一瞬で美少年に近ずきました。
「ねえぼく一人なんだ。お兄さんも手伝ってよ」
と手伝うはめになりました。後で食えるんだ、と思えば嫌ではありませんでした。
「ありがとうお兄さん。家でお茶でも飲んでよ」
と美少年に手を引っ張られて家に連れていかれました。お茶を待っている間、今だ今だ、と瞬間を狙っていたその時がきました。
「ぎゃあ」

美少年は声をあげました。
「こんなのいやだよ」
「じゃあどんなのがいいんだい」

美少年の愛らしさに心が揺れうごき始めていた息子は余計な事を聞き返してしまいました。
「こっちに来て」
美少年は可愛い笑顔で、隣の部屋に息子を連れて行きます。
障子を開けると、そこには美少年の父親と母親がいました。
息子は状況がわかりました。
「ずっと待っていましたよ。私たちは鬼を食うために西の街から越して来たのです」
息子はもうひとつの噂も聞いていた事を忘れていました。西の国には鬼食い族がいるという噂を。鬼食い族のために西の鬼たちは絶滅したという事を。
「ぼくの名前は金玉朗。畑仕事手伝ってくれた優しいお兄さん大好き」
そう言って美少年からは愛らしい笑顔もなくなると、大きく口をあけて鬼の息子の頭にかぶりついたのでした。

THE ENDE
改名しました
改心しました・・・・ではなくて再び改名いたしました。

フレディ・ダミノジド Freddy Daminozide から
フレディ・ダミザイド Freddy Damizyde に
改名いたしました。
どこがどう変わったのかよくわからない改名ですが、
今後もよろしくお願い致します。

前の名、ダミノジド は、農薬の名前だったんです!・・・・まあ、知ってて付けたのですが。
「Vampir・Nightclub写真展」&イベント『VNC番外編』のお知らせ
6月6日にサラヴァ東京にて開催された
ヴァンパイア・イベント「Vampir・Nightclub」
の出演者達のヴァンパイア・イメージ写真、
そしてライブ当日のステージ写真
を、六本木Night Cafe CROWにて展示致します。
是非ご来場くださいませ。

写真・撮影・デザイン■ ZYUGO

展示最終日21日(日)は、小規模ではございますが、再びイベント『Vampir・Nightclub番外編』を開催!
ゲストには、前回のイベントに引き続き、由良瓏砂さん&神崎悠雅さんがご出演くださいます。
Vampiresなので、次回のヴァンピールクラブは、5年後か、10年後か、20年後か、はたまた100年後か、
今後いつ開催されるか全くの未定

でございますので、
是非、この機会にVampiresに会いに来ていただければと思います!
イベントは予約制ですので、こちら rottenfujiyama@yahoo.co.jp へメールをいただくか、facebookページ、または、各出演者へのご連絡、にて承ります。

皆様にお会いできます事、楽しみにしております。

【Vampir・Nightclub ヴァンピール・ナイトクラブ写真展】
期日●2013年7月8日(月)~21日(日)
会場●六本木Night cafe CROW
http://cafecrow.net/
住所:東京都港区六本木7-8-5 ロック&ロックビル 2階
TEL:03-3497-9119
営業時間:月曜日~水曜日:19:00~2:00 木曜日~土曜日:19:00~5:00
(ラストオーダーは閉店の30分前です)
定休日:日曜日・祝日
料金● チャージ1000円(おつまみ付き・税込)
展示会場はBarですので、ドリンクのご注文をお願い致します。アルコールなしのお飲み物もございます:)

◆クロージング・イベント 
『Vampir・Nightclub番外編』
7月21日(日) ●展示最終日
17:00 Open /18:00 Start /21:00 Close(予定)
チャージ●1500円(ドリンク代別途)
*予約制です。メッセージ、メールにてご予約承ります。
ゲスト出演■ 由良瓏砂&神崎悠雅
(*演目予定*速瀬れい作「銀の螺旋の夜」「金の孔雀の夜」)
出演■ 椿屋蜂
DJ■ フレディ・ダミザイド

Model:Rosa Yura /Photograph:Zyugo
383474_251925211615425_987816237_n.png




Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。